そのお悩み形成外科で解決できるかもしれません
一緒に考えましょう。

  • 生まれつき目、鼻、口、指などが人と異なる
  • 「あざ」や「できもの」がある。
  • ひと目が気になり病院へ連れてい行く勇気がもてない
  • ケガをした子供の傷、傷あとが心配!
  • 治療を考えているがどこに行って良いのかわからない
  • 当クリニックは悩めるお母さんを応援したいと考えています

見た目の問題の専門医である形成外科があなたのお悩みをサポート!

形成外科医30年の経験した山本光宏院長の指導のもとに、スタッフがアドバイスを行います。

見た目は心とつながっています。たかが見た目と思わないでください。

悩まないでください。
お母さんのせいではありません。
悲しんでいる姿はお子さんにとってマイナスです。
お悩みを解決する方法を一緒に探しましょう!


新潟にお住まいの方 限定
予めご了承ください

ご相談できる件数に限りがあります、また お子さんのためにもお早めの
ご相談をオススメ致します。

zoomとは

スカイプ(テレビ電話)のようにお顔を拝見しながら会話ができるシステムです。
ZOOMはお持ちのPCや携帯で簡単に接続できる新しいシステムです。


お子さんのこんなことで悩んでいませんか?

  1. 顔のケガ
  2. 傷あと
  3. ケロイド
  4. あざ(赤アザ・青アザ(太田母斑)・血管腫他)
  5. やけど
  6. 耳の形(立ち耳・副耳・折れ耳)
  7. 生まれつきの見た目(形態的)の違い

患者さんの声

◯勇気をだして相談
自分不注意から子供にケガさせてしまい「傷あと」となりずっと気になっていました。

◯長年悩んでいた「子供の見た目」についてご相談でき、これからの対応を考えられました。

◯子供の「傷あと」の将来へ心配に答えていただき良かった。

◯先生とお話しして、娘の笑顔も明るくなりました。
漠然とした不安な気持ちから開放され人生が明るく感じられるようになりました。
何より子供の笑顔が一番嬉しい。

こんなお悩みを抱えていた方がご相談されています。

  1. 立ち耳の治療を早い段階でき簡単な治療で今では耳の形が気にならないようになりました。
  2. 目を離したすきに炊飯器の蒸気で「やけど」して対処してもらいやけど跡を最小限にできたことは良かったです。
  3. ケガをしパニックになっていまいた、先生との話しで冷静になれました。
  4. 先生の診察で最善の治療を選ぶことができました。
  5. あざの治療には色々な方法があることを知りました。
  6. 形成外科は保険が効かないと誤解していました。
  7. 見た目の原因がなぜなのか・・・モヤモヤがすっきりしました。
  8. 治療の優先順位が決めれました。
  9. ケガをしてすぐに形成外科に受診でき傷あとを最小限にできまいた。

顔・耳・手・頭・身体|見た目の問題

心配だけど、誰に相談していいかわからない・・・

  1. 今は小さなキズでも、成長とと共に傷が大きくなっている気がします。
  2.  将来キズが目立ってしまうのでは・・・と心配。
  3.  将来コンプレックになってしまったらと思うと子供が可哀想になる
  4.  キズあとくらいで病院で相談してよいものなのか?
  5.  見た目の悩みは病気ではないから、そもそもどこの病院が診てくれるのか?
    わからなかった。
  6.  保険が使えななく高額な請求をされてしまったらどうしよう。
  7.  病院に行ったら絶対に治療しなければならなくなったらどうしよう
  8.  今の治療は適切なのか?子供のキズを見るたびに不安なる。
  9.  不安と悩みはあるもののどうして良いのかわからずに、時間だけがたってしまっている。
  10. 経験のある医師に診てもらい安心したい。

山本光宏先生の思い

私は形成外科 専門医(顔の専門家)として医療にたずさわてきました。
長崎大学医学部を卒業 尊敬する先輩医師のもと形成外科に入局、医局員として色々な病院で形成外科を学ばさせていただきました。
中でも印象に残っている治療は
長崎県雲仙普賢岳平成3年(1991)の大噴火、やけどをおった患者さんの治療です。やりがいもありましたが辛く悲しい経験でもありました。
また、その当時はシーベルトをしない方も多く病院には顔面外傷の患者さんも多く来院し治療していました。
Australia Adelaide Photo
医師になっていつか留学したい考えていた私は1994年から3年間留学いたしました。
留学先はオーストラリア、アデレード
オーストラリア王立病院、 children and woman’s hospital
こちらの病院は顔面の手術が多く、オーストラリア、アジアからも多くの子供達が治療にきていました。治療は外見的先天異常(生まれつき)の子どもたちや事故による顔の損傷、やけど、やけど跡の治療を受ける子どもたちです。
当時、これだけの症例を扱っている病院は珍しく貴重な経験ができました。
留学中は幸運なことに外国人フェローという貴重な立場をいただきました。
世界中から形成外科医が集まり、日本からも多くの医師が留学していました。
その経験、人脈は今でも私の財産です。
オーストラリアで経験したチーム医療や見た目のハンディーキャップをもった子供達やお母さんのケア、地域全体のサポート、人々の理解、医師や看護師の対応は生き生きとし、素晴らしいものでした。
オーストラリアでの経験を活かすべく、ご縁があった新潟大学形成外科に入局、その後少しでも形成外科の治療が身近なものになっていただければと開業いたしました。
私の形成外科の知識が少しでも、患者さんのお役にたてれば嬉しく思います。

形成外科を受診したことで、モヤモヤが解消されました。
親子で笑顔になれました。

  1. もっと早く診ていただくべきだったと後悔、子供との向き合い方や対処がわかり気持ちが落ち着きました。知らなかったら人生変わったかもしれません。
  2. 知人の紹介で赤ちゃんの早い段階で治療できたことはラッキーでした。
  3. 先生とともに治療計画を立てることができ心が落ち着きました。
  4. 大きな病院でしか形成外科の治療できないと思っていたのですが、身近に形成外科の治療が受けれることを知りました。
  5. 長年、小さい頃の傷あとに悩み、母が最善の治療をしてくれていたのか?疑問に思っていまいした。その時の治療についてや今後の治療をどのようにしたらよういかわかりモヤモヤがきえました。
  6. ケロイド治療あとが大きくなり心配でどうしたら良いのか?
    お話しを聞き決断ができました。
  7. ケガをした小さな息子との向き合い方のアドバイスは目からウロコでした。
  8. 親の態度、人の言葉に左右されることを教えてもらいました。
  9. 子供の生まれつきの見た目の違いをずっと自分のせいだと、心を痛めていました。
    先生から「あなたのせいではありません。それは神様しかわかりません」といわれ気持ちが救われました。
  10. 前もって簡単な治療アドバスが聞け、納得して治療をうけることができました。

ひとりで悩んでいるより専門医の力を頼ってください

  1. 自分で小さなことと判断しないでください。
  2. 見た目は心と大きく繋がっています。長期的にものをとらえ専門医のアドバイスでお子さんと向き合ってください
  3. 民間療法はときに状態を悪化させることがあります。
  4. 形成外科は見た目に対して最大限に配慮した治療を行う皮膚の外科専門医です。
  5. いつまでも治らないことに対して疑問をもってください。治療方法を間違えている可能性があります。
  6. デメリットとメリットをはっきり知ることができます。
  7. 子供さんが大きくなったとき専門医で治療したことを伝えられます。

痛い思いまでさせて治療させたくない。

痛い思いまでさせて治療させたくない。おかあさんのお気持ちはわかります。
「でも将来はどうなるの?」自問自答し悩み続けるよりも、一度相談してください。
お子さんのことでずっと不安な気持ちを抱えるよりも、まずは相談して一歩踏み出してください。こうした問題の専門家として、お母さんと一緒にお子さんにとって最善の方法を考えます。

両親が自分のことで悩んでいる姿を見て子供はどう思うでしょうか・・・・・

お母さんが子供の幸せを願うように、子供はお母さんの笑顔を見たいと思っています。
必ずしも治療しなければならないわけではありません。お子さんお母さんにとって最善な対処を一緒に考えいきます。

形成外科を知っていただきたい

知っていて良かったと言えます。形成外科は専門的な技術で治療します。

日本形成外科ができてまだ歴史も浅く、50年・・・
世間の認識が低いのは仕方がないと思います。未だに大学に形成外科がないこともあります。
形成外科治療
多くの方は形成外科?治療?どんなことをする領域なのかわからないと感じているとおもいます。
だからこそ知っていただき、多くの患者さんに利用していただきたい。
開業20年 長年考えていた夢を叶えたい!
オーストラリアでみた世界を新潟にも
留学時、形成外科医の先生方と多く接してきました。オーストラリアでの経験は私にとっても驚きの連続でした。
オーストラリアの見た子どもたちのように、見た目のハンディーキャップを持ちながらも元気で笑顔いっぱいに、堂々としている子どもたち!
日本にもこんな世界をつくりたい!
それを取り囲む地域の人々の懐の深さには感動すら覚えました。
留学時は気がつくと我が家は形成外科の先生たちの交流の場に、目を輝かせながら手術や形成外科の医療について語りあったことを思い出します。
形成外科を身近に思っていただきたいという思いで開業20年となりました。

なぜ無料相談してもらえるの?

お子さんの見た目で悩んでいる方のお役にたちたい。
一歩でも前に勇気をだしていただくために・・・・
相談することで、お母さんもお子さんもみんな笑顔になることを願っています。

悩みを持つお子さんを1人でも多く救って笑顔になっていただきたい

形成外科という専門分野の啓蒙活動の一貫と考えています。

コンシェルジェがお悩みを整理して一緒に考えます。

医師の指導のもとコンシェルジュ(スタッフ)がお話しをお聞きしてお答えします。

  1. 形成外科できること、できないこと
  2. 長期的に計画が必要なのか
  3. 痛みについて
  4. 手術をしたほうがよいのか?
  5. 患者さまのお悩みを整理して、院長の指導に基づきお答え致します。
  6. 同じ親として見た目の悩みに寄り添う気持ちを大切にしています。

無料ZOOM相談の意味

少しでも悩める親御さんの為に簡単ではありますが、アドバイザーによる無料相談で皆さまのお役にたてればと考えています。

簡単にお答えできるもの また、質問によって専門性や緊急性を感じるものは、速やかに専門の医師に相談できるように皆さんの窓口になりたいと思います。

提携病院:新潟大学医学部、市民病院 他
患者さんのご希望の病院紹介も可能です。

*ご紹介が必要な場合は一旦当医院にて診察、医師の診断を元にご紹介となります。

やまもと形成外科の活動

やまもと形成外科は地域医療に密着して皆様に喜ばれる医療をお届けしたいと考えます。
また新潟大学形成外科や関連病院でも積極的に子供の再建治療を行っています。
新潟形成外科医会を立ち上げ、年に1回全国から講師を招き勉強会をおこなっています。2018年で4回目となりました。新潟でもっと形成外科が発展、貢献でできるよう努めていきたいと考えています。

無料ZOOM相談

まずはフォームに記入していただきます。
時間:15分〜20分ほど
参加費・・・無料
エントリーできる方
新潟に在住の方

ご相談対象は小学生までのお子さんとなります。


zoomとは

スカイプ(テレビ電話)のようにお顔を拝見しながら会話ができるシステムです。
ZOOMはお持ちのPCや携帯で簡単に接続できる新しいシステムです。


こんな人におすすめ

  1. どの科の医師に相談したらいいかわからない
  2. デリケートな悩みで相談しづらい
  3. 子供は気にしていないのですが・・・親として気になる
  4. 1歩踏み出せない
  5. 病院へ行く勇気がもてない
  6. 小さな子どもをつれて病院へ行くのが不安
  7. 仕事の都合でクリニックに相談しに行きづらい

Q. ほんとうに相談は無料ですか?

A. もちろん、無料です。
あなたが現在お子さんのことで悩んでいることを具体的にお尋ねします。
内容を把握して、当医院がどのようにサポートができるかを提案させていただきます。

あくまでアドバイス提案なので無料なのです。


Q. 相談できる内容はどんなことですか?

A. お子さんを対象としております。
見た目のお悩み:顔、頭、目、鼻、口、耳の変形、ケガ、傷あと、あざ、ケロイド、できもの、四肢の異常、先天性のハゲ

形態的な異常のお悩みについての相談が対象となります。


Q.医師ではないアドバイザーがどのようして提案できるのでうすか?

A.お問い合せフォームにお子様の症状などを事前に記入していただくことで、院長の指示を受けます。
当医院でできること、設備の整った施設へのご紹介ができるか?

病院に行く勇気が出ない、悩みつづけている患者さんのアドバイス、参考になれば嬉しく思います。


Q.県外在住の新潟人ですが無料相談できますか

A.申し訳ありません。新潟県在住の方のみとなります。
内容によっては実際にお会いしないとわからないこともあります。

また新潟県外の病院を紹介するのはとても難しく慎重にしなければいけないと考えております。


Q やまもとクリニックでは診てもらえますか?

A もちろんです。患者さんがご希望されればご来院ください。

Q. 無料相談は医師が行うのですか?

A.医師ではありません。アドバイイザーが相談にお聞きし、問題の解決のお手伝いをさせていただきます。

Q. 無料相談はどのくらの時間相談できますか?

A. 15分〜20分程度

Q. 相談をうけたら絶対にクリニックへ来院しなければいけませんか?

A. そんなことはありませんのでご安心ください。これはあくまで患者さんのお悩みについて私共の意見を参考にしていただくのが目的です。
良いと思われる治療を提案はいたしますが、治療を決断するのはご本人とご家族です。

Q. なぜこの無料相談してくれるのですか?

A. 形成外科がどんなことしているか?知らない方も多く、また患者さんの中にはもっと早く来ていただけたらと思うこともありました。デリケートなお悩みで病院へ勇気がない方への受診のきっかけになれば嬉しく思います。

Q. そちらのクリニックでできない治療もありますか?

A. 当医院で対処可能な場合は対応させていただきます。症例によっては施設の整った大きい病院の専門医へのご紹介をさせていただくこともできます。


Q. 無料相談で強引なセールスをされるのではないかと不安なのですが・・・

A. 先ほどもお伝えしたように、セールスはありません。
あくまで患者さんへのサポートです。治療やお子さんの今後のことの参考にしていただけると良いと思います。
場合によってはご本人やご家族が治療を希望しても、できないこともあります。
診断によって治療おすすめしないこともあります。

Q. 形成外科で治療するとキズあとは元通りのきれいな肌になると聞きました。

A.良く聞く質問ではあります、答えはNOです。
見た目、仕上がりを重んじている科ではありますが、元にもどすことはでできません。
正確にいうと形成外科医が治療することにより、今の状態よりキズあとを目立たなくすると考えていただいて良いと思います。
治療については部位、ケアによって大きくかわります。

形成外科は見た目、仕上がりを最も重んじておりますので、今の状態よりキズ跡を目立たなくすることに最善を尽くしますが、残念ながら元通りに戻ることはありません。


Q. ご相談したらなんでもわかりますか?

A.この無料相談はあくまで、病院へ行く前のコンシェルジェとして患者さんへのアドバスをさせていただきます。
診断、具体的な治療については医師の診察、診断が必要になります。
予めご了承ください。

Q. zoomを使ったことがないのでうまくお話できるか不安なのですが、設定など難しいのでしょうか?

A. zoomからURLをお送りしますのでそのURLをクリックしていただければ、すぐに通話を開始することができます。
もし、うまくいかなくてもしっかりとサポートさせていただきますので安心してお申し込みください。

Q. 深裂口蓋裂と診断をうけました。形成外科でも治療しますか?

A. 形成外科の得意分野でもあります。深裂口蓋裂は設備の整った大きな病院での治療が必要となります。治療プランをご提案すること大きな施設へのご紹介も可能です。
治療について不安や心配なことがあればご相談ください。


Q. 形成外科治療は保険がきかないとききました。

A. 美容治療でなけれな基本的に形成外科は保険治療となります。
しかし、特殊レーザー等の器械を使用、回数など、保険適応外となることもあります。
そのような場合は事前にご説明させていただきますのでご安心ください。
*健康保険の定められていないもの関しては予めど了承ください。


Q. いつでも無料相談していただけるのでしょうか?

A. できるだけ早い対応をさせていただきますが、休日、祝日などはお休みをさせて頂く場合あります。
まずはフォームに記入していただき、予約いただいた日時でご相談を承ります。

Q. 相談は子供の親だけでしょうか?

A. 基本的にお子さんのご両親となります。


Q. 生まれたばかりの赤ちゃんですが相談できるのでしょうか?

A. もちろんんです。治療によっては早ければ早いほど良いことがあります。

反対に待たなけれないけない治療あるので、ご両親が早い段階でその見極めができるのは大きなメリットといえます。


Q. 治療がお大掛かりな場合料金が心配です。

A. 保険負担や症状を診察してみないとわからないこともありますが、およそであればお答えできますが、正確な料金はお伝えできないです。

Q. そちら医院での診察相談はおいくらになりますか?

A. 初診料
 3割負担の場合おおよそ1000円位
(ご本人の保険負担によって異なります。)

Q. そちらのクリニックに行きたい場合はどうすればよいですか?

A. 無料相談後に診察ご希望の方はお申し出ください。
クリニックの受付から改めてご連絡させていただきます。

緊急の場合以外は予約制になっています。
少しでもお待たせしない為にもお手数ですが皆さまにご協力いただいております。


Q.形成外科(けいせいげか)と整形外科(せいけいげか)の違いはなんですか?

A. 形成外科は見た目のお悩みを治療(皮膚の外科医)
  整形外科は骨や筋肉の治療と考えてください。

  形成外科は見た目からくるお悩みをご相談ください。


Q. 山本院長の目的をはなんですか?

A. 形成外科を身近に思って知っていただきたい。
オーストラリアの留学体験した、子供への治療や周りの方々の考えかたを皆さんに取り入れていただきたい。
心と見た目が繋がっていること、ハンデーキャップを持っている方も形成外科での治療やアドバイスで自信をもっていただきたい。
お母さんや子供の悩みを少しでも軽くすることができたらと思っています。

患者さんに笑顔になっていただきたい思いです。


Q. 院長が小さな子どもに治療の際、意識していることは?

A. いちばん大切なのはお子さんの心です。
治療で一番大切なのはお子さんが納得することです。
また、周りの人にも協力していただくことです。

小さな子供と言えども本人の気持ちを尊重することが大切だと考えます。


Q. そちらのクリニックにいけばなんでも保険診療になりますか?

A. 申し訳ありません。
残念ながら保険診療には規定があります。国が保険を認めていない治療につては自己負担になる場合があります。

事前に治療方法と料金、費用対効果などお話しいたしますのでご判断ください。


Q. 子供の無料相談の対処年齢は何歳までですか?

A. 生まれてすぐの赤ちゃんから小学生までが対象となります。

やまもと形成外科

〒951-8067 新潟県新潟市中央区本町通7番町1085

SMAILE BEANSとは

SMILE BEANS (スマイル ビーンズ)

子供たちに笑顔であってほしい。
豆から芽がでる! 未来に向かって大きく育ってほしいという願いを込めています。
海外では形成外科がもっと浸透し、最適な時期に治療をうけています。少しでも子供たち、お母さんに知っていただきたい、形成外科専門医としてサポートでき少しでもお役に立ちたいと願っています。